ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像
ブログ画像

こんにちは、上武建材工業の二ツ木です。


解体工事と言いますと、大きな重機でガシャガシャと壊すというイメージ


があるかと思いますが、それはもう大昔の話で、現在ではとてもできない


やり方です。


現在では、リサイクルの技術がとても発達し、解体工事で出る廃材の殆どが、何らかの形で再利用されるようになりました。


特に木材などは、以前のように焼却することは、殆どされなくなり、細かく破砕し、チップ状にして、それを圧縮して板を作ったり、熱利用の施設などの燃料としたりしているのです。


また、室内の間仕切り壁として使っている、石膏ボードなどは、粉状にして、道路などの白線の材料などに、再利用されたりしています。


ですから、画像のように、室内の解体は、手作業により行われ、徹底的に分別をしてから、その材質を専門に処理をしている、処分場へと運んでいくのです。


これが分別をせずに持って行くと、処分場の方で手作業による分別作業が発生するので、何倍もの処分費用が、かかってしまうのです。これでは通常の見積もりでは対応しきれませんので、作業員たちは懸命に現場にて分別作業を行うのです。


このように、現在の解体工事は、かなり繊細で、手間がかかる作業となっているのです。


なるべくお客様に、負担の少ない見積もりをするために、早くてきれいな仕事ができるよう、日々技術力を磨いております。

----------------------------------------------------------------------

株式会社 上武建材工業

住所:埼玉県児玉郡上里町大字金久保1290

電話番号:049-571-5970

----------------------------------------------------------------------